栄養は摂りたいけど時間がない人にピッタリなもの

以前、産後太りで悩まされていました。ダイエットはしたいけど授乳もあるから栄養はしっかりとらなくちゃいけないし、
何より自分の為に使える時間がないという状況でした。そこで色々と悩んだ結果青汁ダイエットにたどり着きました。
青汁は栄養も豊富で、ドラッグストアで手軽に手に入れることもでき、水に溶かすだけで飲むことができるからです。
こんな今の私にぴったりな物は無いという感じでした。

最初はやはり見た目から飲むことを躊躇してしまいましたが、飲んでみるとフルーティでとても美味しくこれなら続けられると思いました。
100均で買ったシェーカーを使って作ったので洗い物も少なく30秒くらいで出来ました。

私は朝食や夕食のお米の代わりに青汁を飲んでいました。慣れないうちはやはりお腹が空きました。
しかし3日くらいで慣れてお腹が空くことも無くなりました。
結果として、3ヶ月で5kgほど体重が落ちて妊娠前の体型に戻ることができました。

できるだけ健康寿命を長くしていつまでも長くいられるようにと思い、今年から青汁を飲み始めました。
青汁といえば、青臭くて苦い、口に残る、飲みにくい、というマイナスのイメージがありますよね。
私も苦手意識が強くてなかなか始めるまでに時間がかかりました。

実際に飲み始めると、最初は気にならなかったけど、少しずつ味に飽きたり飲みにくさを感じるようになりました。
そこで工夫したことは、りんごなど、果物のジュースと一緒に飲んだり、スムージーにしたりすることです。
1番のおすすめは、ヨーグルトと混ぜること。美味しくて簡単で飽きなく続けられます。

青汁を続けたいもうひとつの理由は、便秘改善になることです。私は長年便秘に悩まされていました。
運動や水分補給したり、乳酸菌をとるなどいろいろ試しましたがあまり効果なく、薬の力を借りたことも少なくありません。
それが青汁を飲むことで規則正しい排便がみられるようになりました。予想外の嬉しい効果でした。
近年ブームになっている腸活は、長生きできる秘訣だと思います。

以上の理由により、青汁の効果は絶大なので、私はこれからも青汁生活を続けたいと思います。

オルチャニストの口コミによると効果的に痩せることが可能?

事務職の悩み、パンチに込めてぶつけています。

私は冷凍食品の工場で正社員として事務職をしている、20代後半の女です。
実際に食品を作る工場内に入って作業をするわけではなく、工場の入り口のそばにある事務室でパソコンに向かってデスクワークをこなす毎日です。
工場には正社員の他に、パートや派遣社員など様々な立場の人が働いており、特にパートの方は私よりも年上の40~50代の女性が多いです。

その年上のパートの方々が、私が座ってデスクワークをしているのが気に入らないらしく、挨拶を無視されたり、嫌味を言われています。
若いくせにさぼっているだの、若いうちから座ってばかりでそのうち太るに違いないだの、
面と向かって言われる事はありませんが、更衣室内でこそこそ話しているのが聞こえてくるのです。
確かに1日立ち仕事をしている方からすれば、デスクワークは楽そうに見えるのかもしれません。

でもその仕事内容は、パートの方々の出勤の管理や作業着の管理など、彼女たちのサポートが主です。
それに、座っているからといって居眠りをしたり業務に手を抜いたりは決してしていません。
私は日頃、工場の皆が滞りなく作業できるよう懸命に努めているだけなのに、なぜ悪口を言われなきゃいけないのかと、イライラが溜まる一方です。
そこで私は、このイライラを解消すべく、ある方法を思いつきました。
それは、洗濯し終わったパートの方々の作業着をハンガーにかけて、ラックに並べてかけ、1着ずつパンチをしていくことです。

しっかりとしたラックにかけているので、パンチをしても作業着が落ちる事はありませんし、すべて一発ずつなので生地が痛むことはありません。
基本的にすべでの作業着は一人で洗濯して、干しているので誰かに見つかることはまずありません。
罪悪感はありますが、一回パンチをするごとに心が軽くなっていくのを実感します。
何度かこの方法を試していると、不思議と悪口を言われるのが気にならなくなってきました。

私の方もやり返しているしおあいこだ、という気持ちになるのです。
悪口が気にならなくなってきたことで、私も自然とパートの方々に対して、以前よりも笑顔で接することができるようになってきました。
まだ完全に人間関係が改善されたとは言えませんが、前よりも心が軽くなりました。

美意識向上のためならコチラ!