ダイエットで大切なのは食事のコントロールです

色々なダイエットをしてきましたが、私がたどり着いた結論は食事制限なしにダイエットをすることはまずできないということです。
ただし、この食事制限は炭水化物や脂質など何かを抜くダイエットや、その反対にリンゴやこんにゃくなどの特定のものだけを食べ続けるものはダメだと思います。

なぜなら、私はその両方を試して、失敗を経験したからです。どのような失敗だったかと言うと、炭水化物を抜くダイエットをした時は、すごい勢いで体重を減らすことができましたが、2,3ヶ月続けた後、気がついたら炊飯器のお釜を抱え家族のご飯を全部食べてしまいました。また、こんにゃくばかり食べていた時は、こちらも体重はぐっとすぐに減りましたが、栄養失調気味になり下痢が止まらなくなりました。だから、食事制限をするにしても、バランスよく食べながら、食べる量を減らしていくべきなのでしょう。

しかしながら、食べる量を減らすのは簡単なことではありません。というのも、私はひどくおなかがすくことはないのですが、無自覚のうちに、びっくりする位の量を食べてしまうことがあります。おなかがすくこともなければ、満腹を感じることもあまりないのです。だから、忙しい時など、夜になって今日は朝コーヒーを飲んだっきり何も食べていないというようなこともよくあるのに、お付き合いなどで食べ続け、飲み続けないといけない時などはずっとそれを続けることができます。前者はともかくとして、後者の体質はダイエットの敵です。

もしかしたら、長年、ダイエットをしてきたので、食べられる時に食べて栄養を蓄えないといけないと体が判断し、軽く過食傾向が体にしいついてしまっているのかもしれません。最近もがっくり後悔するような食べ方をしてしまったので、この体質とサヨナラできたらいいのにと切実に思っています。

この悩みを解決するための対策を何もしていないわけではありません。何もない日は食事をしていいのは夜の7時以降は食事をしないようにしています。また、本当に特別な接待の時以外は、外食時も夜9時以降はダイエット中なんですと言って、飲み物は水やお茶に変え、家に帰る時は一駅前に降りて、そこから歩いて帰ってカロリー消費に努めています。ダイエットに失敗や後悔はつきものです。しかし、その回数をできる限り減らしていきたいと思っています。

ドクターコーヒーの口コミ集めてみた!スッキリ効果を検証した結果…

元に戻らない体型は着圧コルセットでカバーしましょう

40代に突入して、お尻や太もも裏が特にたるんできました。特に私の場合、高齢出産をしたこともあって産後1年半から体型が戻らないまま現在に至ります。エクササイズやストレッチをしなくてはいけないことはわかっているものの、育児にばたばたしてしまってどうしても自分を甘やかしてしまう日々です。

一日の大半を自宅で過ごしていたため、着圧レギンスやコルセットはながら美容の一つとしてとても重宝しました。履いているだけでエクササイズ効果や引き締め効果があるなんて最高です。自宅ではそのままそれだけで着用。近所に買い物に出かけるときなどは丈の長めのシャツやマキシワンピを羽織ればOKでした。いまでは、着圧レギンスやコルセットには季節によって夏に最適なもの、冬に最適なものとあってそれぞれ使い分けています。夏はすっきりひんやり素材のもの、冬は厚手で裏起毛のものなどがあってとても助かります。レギンスの上からパンツを履けば、太ももがすっきりして、履く前には到底なかった憧れの隙間ができます。

お尻もすっかりだらしなくなってしまっていたのですが、きゅっと上がって見えて、太ももとの境目がしっかりできます。痩せて見えるというよりは全体的に引き締まって見える感じになります。

また、最近になって仕事に復帰し、立ち仕事の毎日を送っています。ですので、とにかく足が疲れて毎日ぱんぱんで辛いです。ふくらはぎが一番むくんでしまって明らかに太くなってきています。むくみを解消できないまま過ごしているからだと思います。仕事中の服装は自由ですので、私はパンツの下に着圧レギンスやを履くことにしました。まず、とにかく気持ちがいいです。ぱんぱんのふくらはぎがぎゅっと引き締められ、スーっとする感じが一日中続きます。

脱いだり履いたりが大変なくらいの強めの着圧レギンスやコルセットが私は特に好きです。脱いだらむくみが軽減されています。履くのと履かないのとでは大違いでいまでは毎日の必需品となっています。履き替えようにもう少し枚数を揃えたいと思っています。
【口コミ検証!】プリンセススリムの効果をアラサー女子が体験した結果