加圧ブラトップのおかげでタイトな洋服も着れるようになった

出産、30代になり代謝がかなり落ちてしまったこと、病気をしてしまい運動などができなくなってしまったことで5年で15キロ太ってしまいました。

自宅でできる筋トレ・食事制限・ヨガをしているのですが、上半身だけはなんとか少し痩せましたが下半身が痩せず体重も体脂肪も全く落ちませんでした。

スタイルがかなり悪くなって、パンツ・スカートなどが履けなくなってしまい体型を隠すためにワンピースばかり着用していました。

骨盤矯正に一度行ってみたのですが、頻繁に通わないと効果が出ないと言われましたが金銭的にも余裕がなかったためYouTubeを見て独学で骨盤矯正をやってみましたが、それも効果がありませんでした。

そんな時、加圧ブラトップと着圧レギンスをSNSでみかけ購入しました。

購入してからは夜以外、毎日着用しているのですが運動しているときや家事をしている時の汗の量が増えました。パンツもおなかやお尻のシルエットがかなりきれいに見えるため今まで履けなかったスキニーパンツも履けるようになりました。

加圧ブラトップのおかげなのか、体重が増えてしまい尿漏れにも困っていたのですがそれもなくなりました。骨盤矯正に再度行ったのですが、骨盤が前よりも整っているよと言われました。

浮腫みやすく夕方になると靴下の跡などがついてしまい、翌日も足の疲れがなかなか取れなかったのですが加圧ブラトップと着圧レギンスを履いてからは浮腫みもあまり感じなくなりました。

着圧レギンスを履かない日があったのですが、その日は足がかなり浮腫んでしまい次の日も足がだるかったです。

加圧ブラトップは締め付けがきついのかなと思っていましたが、圧が丁度よくきついと感じることはありませんでした。

夏場は代謝が悪いのでクーラーは寒いのですが、加圧ブラトップのおかげで快適に過ごすこともできました。

加圧ブラトップは最近購入したのですが、背筋が伸び今まで使っていなかった筋肉を使っているようでとても気持ちがいいです。

加圧ブラトップのおかげでタイトなトップスも着れるようになりました。
ベルミススリムトップの口コミを見てみる

りんごダイエットは成功したが原因不明の体調不良

学生時代に部活を引退し一時期筋肉は落ちたので体重は3キロ程度減りましたが、
食べる量は部活をしていた時と変わりませんので、その後は7キロも増えてしまいました。
さすがに焦りを覚えた私はダイエットをしようと決心しました。

ダイエットするのに何が自分に適しているのか考える基準としては、一つ目に運動ではないこと、二つ目に面倒くさくないこと。
部活はしていたものの運動が苦手でしたし習い事で時間も惜しかったからそういう基準になってしまいました。
そういうことで始めたのが「りんごダイエット」。食事をりんごに切り替えるという方法です。

一回の食事をりんご1個、一日3食それを一週間続けました。
途中、ちゃんとした食事をとりたい誘惑に駆られながらも若かったのできっちり我慢が出来て一週間やり遂げました。

しかしその後、よくわからない、今まで経験したことのないような継続した腹痛に襲われることに。
3日間続いたときにうすうすとそのダイエットが原因かと思いつつも病院に行きました。
もちろん怒られることはわかっているのでダイエットしていたことは言っていません。

レントゲンなども撮りましたが診断は原因が良く分からないとのこと。
とりあえず胃腸薬と痛み止めを処方してもらいすぐに治りましたがきっとりんごだけの食事のせいだと今も思っています。
当時ダイエット方法について深く学ぶこともなやってしまったことの失敗です。
このような偏食タイプのダイエットはそれからは二度とすることはありませんでした。

腹筋トレーニングとコーヒーで美ボディーダイエット

体重はそこまで太っていなかったのですが、全身浮腫みが凄くて筋肉も全くなかったので
足や腕のセルライドが目立っていて腰回りのお肉がついていてずっとコンプレックスで悩んでいました。
色々とネットでダイエットになる食材や運動など調べたのですが自分じゃ絶対に続かない食事制限などばかりの記事だったので色々自分で試してみました。

その結果、一番簡単で効果もすぐに出るダイエット方法を見つけました。
普段飲む飲料をジャスミン茶とコーヒーに変えました。するとお通じが良くなり気になっていた体の浮腫みが一週間程度で無くなってきました。
脚も細くなり周りからの反応も結構よかったです。

仕事もしていたので過激な筋トレをする時間も無いですし続かないと思ったので、仕事中はお腹に力を入れることを意識して就寝前は5回ほど腹筋を毎日しました。
こちらは三日ほどで効果が出てきてみるみるくびれが出来てきてお腹にもうっすら腹筋割れのような線が出てきました。
続けていくとあっとゆうまに気になっていた腰回りのお肉も消えていました。

そこからは自分の体にも自信が出るようになりました。
腹筋などは現在やっておりませんが飲料は変わらずジャスミン茶とコーヒーを飲んでいます。
夏はビキニを着て海に行けるようになりましたし洋服も体のラインがハッキリ分かるようなものも着れるようになりました。

私にむいているダイエット法は、食事制限よりも運動でした!

私の学生時代、りんごダイエットが流行っていて、私もそのブームに乗っかりました。
もともとりんごは好きだったので、三食りんごしか食べられなくても、そこまで苦痛だとは思いませんでした。
それなのに、三日で4kgも体重が落ちて喜んでいました。
でも、徐々に普通の食事に戻していくと、あっという間にリバウンドしてしまい、一体あの努力は何だったのかとむなしくなりました。

むなしいと思ってしまったということは、やっぱりつらかったのでしょうね。
食べることが好きな私にとって、食事制限をして痩せるということは、なかなか難しい話でした。
食事ダイエットは、自分にはむいていないということを再認識することで、それ以降、単品の食事ダイエットは試していません。

でも、残念ながら加齢に伴い、何もせずに食べていたら、体重は増える一方で、さすがに焦りました。
それで、二年前からスポーツジムに通っています。ウォーキングマシーンを速足で1時間、エアロバイクを30分、各種筋トレをするのが私のメニューです。
テレビで芸能人がスポーツジムで体を動かしている姿をよく観ますが、そこまでストイックにはやっていません。

体重は始めてから約5kg落ちました。背筋を鍛えることで、背中の肉が落ち、引き締まった気がしています。食事の量は、若いころに比べると少し減った程度です。
ただ、間食をしない日を作ったり、できるだけゆっくり噛んで食事をし、20時以降は何も食べないことを心がけています。
これからも無理なく自分のペースで、ダイエットを続けていけたらいいなと思っています。

お腹のたるみをたった一ヶ月で改善

私は今24歳でなのですが、20歳の頃から異常にお腹がたるみやすくなり、このまま30、40歳と年を重ねていったらどうなってしまうのか焦っていました。
そんな時に始めたのが、日々の呼吸法を変えることです。当時いろんなメディアを見て、ブレスダイエットやお腹に腹巻きをするダイエット法を知りました。
しかし、どのダイエット法も多少お金がかかったり、場所を選ばなければならないダイエット法ばかりで自分には続かないと思いました。

そこで自ら編み出した一番楽でコスパも一切かからない方法が日々の呼吸法を変えることでした。
このダイエット法はいたってシンプルで、今まで普段自分が吸っていた空気の量を減らすダイエット法です。

日々の生活からお腹に入れる空気の量を少なくするよう意識することでお腹の膨らみを常に抑え、それを続けることでお腹のたるみもなくなっていくということです。
実際、この呼吸法を常に意識して日々の生活をするだけでお腹のたるみは徐々に減り、たるみやすいお腹にならなくなりました。